メイン・最新情報トラベルフォトギャラリー 

Jean-Philippe's journal

ジョンフィリップ遠征日誌

ニカラグア編(モスキートコースト)

ジョンフィリップ遠征日誌 バハ編 /ベリーズ編 /ホンジュラス編 /ニカラグア編 /コスタリカ編


4月初旬 前途多難なニカラグア入り

4月初旬  なくした道具と、お気に入りの道具達

4月11日 ブルス、地獄から脱出した地獄の一日

4月12日パトゥカ、すごく親切で危険な?人々

5 5 ニカラグア沿岸のマゾヒスト

5月7日    AK47銃と泥棒一味


2000年4月初旬 前途多難なニカラグア入り

ニカラグアの国境に近づくにつれ、かなり生々しく、恐ろしい事件を耳にするようになった。「ニカラグア北東部の沿岸は危険だ」と、僕達はいつも聞かされていた。この地帯は、反政府ゲリラの隠れ家となっているからだ。基本的人権のために闘う彼らの立場はよく理解できるし、彼らが過半数を占めていたにもかかわらず、アメリカが介入して現政府が発足したという歴史もある。当然、僕達がアメリカから来たなんて事は言えない。しかしどこ出身でも同じ事、彼らにとっては全てがガイジンだ。
この人里離れたジャングルはまた、山賊お気に入りの仕事場でもある。ナイフやナタ、時には丸腰で襲う泥棒が殆どなのに対し、ニカラグアの山賊は完全武装している。9年前に内戦が終決した際、かなりの自動銃が残り、現在それが馬鹿みたいに安い値段で、しかも自由に売買されているせいだ。わずかな生活費を稼ぐため、沿岸沿いに住む誰もが自動銃AK47を手に入れることが出来る。また、ラ・モスキチアは、コロンビアからアメリカへ麻薬輸送する際の中継地点でもある。

僕達がニカラグアへ向けラセイバを出発した時、このくらいの情報はすでに知っていた。当然、事前の対応策を考えなければならない。その時僕達は、練りに練った計画なら危険も回避できるのではないかと考えていた。
僕達はホンジュラスのトルヒーヨを出発してから先住民のガリフナやミスキトの人々と出会うようになった。彼らは、家族や親戚に会うためにニカラグアへ行くことが多く、僕達に悲惨な事件の数々を教えてくれた。ただ、こういう話はよく聞かされていて、例えばグアテマラでホンジュラスのことを聞き、ベリーズではグアテマラのことを、ホンジュラスでは・・・という風だから、初めのうちは無視してきた。しかし聞く回数が増えると、だんだん気になり始め、無視するどころか心配になってくる。おかげで数日前の夜、パトロールの車がビーチを走っているのを見たとたん、僕達2人は思わず最悪の場面を想像してしまった。そして追い討ちをかけるように、僕達がニカラグアの国境に近づく度に聞かされる話が更に生々しく、詳しさを増していった。人々は、場所や人の名前、日時等、こと細かいことまで言い始める。誰がそんなことを聞きたいものか。

その中で一番ショックだったのは、各種の機関や団体で働く人々からの情報だった。それによると、ホンジュラスとニカラグアの2国間で海領域をめぐる問題がこの数週間で深刻化し、ホンジュラスの軍隊が、モスキチアに駐留するニカラグア軍隊との対立を予想して国境付近へと動いているというのだ。
まさか紛争に巻き込まれるとは思わないが、現在起こっているといわれる両国間の緊張が人々の神経を高ぶらせ、容赦なく銃の引き金を引かせることだってありうる。しかし、その引き金を引くターゲットが無関係の僕達だったら、それはたまったものではない。
国境近くの町プエルト・レンピラにある入国管理局に着いた時点で、更に国境地域の危険度を確かめようと思っている。もし状況が最悪と判断されれば、なにも自ら進んで恰好の標的になる必要はまったくない。そうなれば、ニカラグア遠征のルートや日程を再検討しなければならないだろう。かなりの計画変更に加え、まずは装備と荷物の運搬方法に頭を抱えることになるはずだ・・・。

(5月初旬、ジョンフィリップとルークは無事ニカラグアの国境を超え、モスキートコーストをパドルしています。訳者より)

英語テキスト:The Fear of Nicaragua


2000年4月初旬 なくした道具と、お気に入りの道具達

Lost Equipment and Brief Review of our favorite gear

モスキチアのパトゥカ岬へ向け、僕達は真夜中に出発した。波は大きくなかったが、悔しいことにそのなんでもない波に、今までで一番多くの道具を持っていかれた。
初日、海でカヤックに乗り込む際、デッキに出しっぱなしだった Nalgene のウォーターボトルをなくした。次の日にロープで固定していたルークのビルジポンプ、続いて僕が一番大事にしていたサングラスが波にさらわれた。いつもスペアを用意しているから、それ程困ったことにはならないが、もし昼間サングラス無しでパドルすれば間違いなく目をやられる。その後、ルークは大きいスポンジ(カヤックに入った水を取るための物)をなくした。カヤック内の水を取るのに、もう僕のビルジポンプに頼るしかない。コスタリカに着くまで、なくなったり壊れたりしないでくれと願うばかりだ。おまけにもう一つ、皮製のカバーに入ったナタまでなくしてしまった。ブラジルの知り合いからゆずってもらったナタだった。ちょうど良い大きさでココナッツを割るのにも、しまうのにも便利だったから愛用していたのに。

問題は、なくした道具の買い替え費用ではなく必要性で、これらは遠征中の今とても必要な物達だ。それに、アメリカまで戻らなければ手に入らない物ばかり。ビルジポンプがなければ、波打ち際から出発の後カヤックから水を取るのに大変な目に遭う。 GPS がなければ、目的地まで行くのに時間も距離も長くなるし、夜のパドルが困難になる。サングラスなしで昼間パドルするのは、これまた不可能だ。

これを書いているうちに、去年日本の編集者に聞かれた質問を思い出した。「一番大切な道具、物は何ですか。」難しい質問だ。カヤックとパドルは遠征の足、ドライバッグは持ち物を水から守ってくれる。食のためのクッキング用品、野外を快適な空間にするキャンピング用品、進むべき方向を教えてくれるナビゲーション用の道具、薬品類、遠征の記録のためのコンピューターやカメラ等など、大切な物は数え切れない。
そこで、僕達が本当に必要としている道具をすべてリストアップする代わりに、毎日使っていて、”これはすごい。”と、僕達が認め、これからも変えることなく使いたいと思っている道具をここで紹介したい。

Pelican waterproof protective cases
ペリカン/耐ショック、防水ケース;コンピューターやカメラ用品一式を水、海水、砂、衝撃から守るために見つけた最も安全で、頑丈なケース。現在6つのケースを使っている。かなり重く、スペースも取るが、その埋め合わせのように「大事な道具はペリカンケースの中で安全だ。」という安心感を持たせてくれる。

MSR Dromedary water bags
MSR /ドロメダリィーウォターバッグ:空の時はコンパクトにしまえる上、およそ10リットルも水が入る。しかも持ち運びが簡単。1年半以上も雑な扱いを受けてきた割には、今も殆ど新品同様。海水や湿気にも非常に強く、中に入れた水の味が変化することもない。水や空気又は、水と空気がバックに半分以上入っていれば、ウォーターベットならぬウォーター枕にもなり、快適に寝られる。様々なアウトドア・アクティビティーや本格的な遠征にも最適な優れ物。

MSR Stove
MSR   ストーブ(コンロ):ルークがいつも誉めちぎっている訳が分かる。遠征中このストーブを使って美味い料理が作れるだけではない。これは一年半以上の雑な扱いに耐え、更に錆つきながらも未だに現役で活躍している。

SealPack dry bags
カスケードデザイン/シールパック・ドライバック:防水バッチリ、非常に便利なウェストポーチタイプのドライバック。中にはパスポート等、貴重品が入れてある。パドルする間、バックはカヤックの底の方で海水に漬かり、いつもびしゃびしゃになっている。しかしこの防水バックだけは、未だかつて水が中に浸透したことがない。

Five-Ten Nemo Shoes
Five-Ten/ウォーターシューズ:この遠征中、他のウォーターシューズに買い換えようなどとは夢にも思わない。良く出来ていて、快適な履き心地。僕達はこれを履いたまま走ったり遊んだりしているからウォータースポーツ以外でも、活躍できるかも。

REI desert pants (detachable shorts):
REI/デザートパンツ(裾取り外し可能な長ズボン):裾の周りのジッパーを外せば、ショーツ(半ズボン)になるという2WAYパンツ。軽くて、洗うのも簡単そして乾くのも速い。アウトドアでも、気軽なレストランの食事の際にも活躍している便利なパンツ&ショーツ。

REI Explorer shorts
REI/エクスプローラー・ショーツ:僕は、この8年間で4枚のショーツをはいてきた。これ無しの生活はもう考えられないくらい、愛用しているショーツだ。デザインも良いし、何でもしまえるポケットがたくさんついていてとても便利。

Thermarest sleeping pads
カスケードデザイン/サーマレスト・マット:僕達は超薄型のマットを愛用している。軽量で薄型なのに、快適さも抜群、しまうのも簡単。遠征出発時から考えると、すでに300夜以上このマットのお世話になったことになる。もう手放せない。

Snap Dragon spray skirt
Snap Dragon/スプレースカート(カヤックのコックピット内に水が入らないための物):フェザークラフトやREIのナイロン製スプレースカートを使った後、この夢のようなネオプレン製のスプレースカートを見つけた。何ヶ月と使っても型くずれせずに、僕達を水から守ってくれている。ひっくり返っても、簡単には外れないのも良い。

Garmin GPS
Garmin/GPS(Global Positioning System):僕達にとって、GPSはなくてはならないエクイプメントの一つ。愛用しているコンパクトなGarminのGPSは軽くて、使い方も簡単で僕達が必要としている機能がすべて備わっている。

Toshiba Libretto computers
東芝/リブレット(コンピューター):TOSHIBAにスポンサーシップを断られたものの、僕達はリブレットを2つ持ち、この遠征のウェブサイトを作成している。このコンピューター以外は考えられない程の気に入り様。常にペリカンケースに入れて保管しているが、使用時の日光や砂、塩、湿気はどうしても避けられない。それにもかかわらず、今も快調に動き、働いてくれている。全ての機能が揃った手のひらサイズ、最小コンピューター。次に買い換える時も、迷わず最新版のリブレットを手に入れる。

注:スポンサーから提供してもらった物(例;ペリカン、REI、Five−Ten、Grarmin)やそうでない物(カスケードデザイン、東芝、Snap Dragon)が混ざっているが、このリスト作成においてスポンサーシップの有無は全く影響されていない。また、使う機会が少ないのでこのリストには載せなかったが、この他にも非常に良いものがある。

英語テキスト:Lost Equipment and Brief Review of our favorite gear


2000年4月11日 ブルス、地獄から脱出した地獄の一日

強い向かい風が吹く中、10日間で約300kmをパドル。この10日間はずっと、自分達の限界に挑戦し続けているようなものだ。天気や海の状態を見ながら進むために、とんでもないスケジュールでも僕達は無理矢理パドルし続けた。おかげで疲れが取れず、常に体が重い。それに不規則で貧しい食生活では、過度な体力消耗や睡眠不足を補えるはずもない。もう一品のおかずのように、鎮痛剤を飲んでいるにもかかわらず、筋肉が「もう、やめてくれー!」と叫ぶように激しく痛んだ。僕達はへとへとに疲れ、ブルスで1日休憩しようと考えていた。が、町のあまりの汚さを見て愕然とし、先へ進むことにした。

4時半、運河にカヤックを運び始めた。自分達が歩いている臭くてどろどろした道にカヤックがつかないように必死に担ぐ。汚くよどんだ水が、ふくらはぎの深さになった所で今度はカヤックを引きずり始めた。水の下に隠れている尖った物などを避けるべく、用心しながら進まなければならなかった。見ただけでも分かるが、その臭いのひどさたるや、本当に耐えられない。ようやくパドルをし始めたが、足はデッキにだしっぱなし。とにかく、ましな水の所で足をすすいでからじゃないと、カヤックの中に入れる気がしなかった。ブルスの恐ろしく汚い泥や水と一緒にパドルなんてしたくない。
バハを出発してから今までで、最悪の休憩地がブルスだ。水質汚染で発生したとみられる鮮やかな蛍光色のプランクトンが水面に広がり、本当に驚かされた(赤潮の様な物)。パドルを入れる度にそのパドル跡が数秒間光りを放ち、カヤックの通った後には明るい蛍光緑の道筋が出来ていた。水の中で泳ぐ魚の道筋さえも光の線となるため、簡単に目で追うことができる。まるで僕達がコンピューターゲームの画面上にでもいるようだった。

かなり広大なブルスのラグーンを出て海に出る場合、二つの方法がある。まずは、一つしかないラグーンの出入り口へ行くために、反対方向に約18kmパドルして戻らなければならない方法。もう一つは約8kmをパドルしてから、カヤックを引いて砂州を超える方法だ。僕達は二つ目を選んだ。夜が明けてまもなく、僕達は砂州に到着した。目前に広がる光景を見て、思わずため息がでた。海が大荒れに荒れ、巻き上げられた砂で茶色くなった波がそこら中で崩れていた。こんな状態で出発しようなんて、自殺行為に等しい。数日前死にそうになったばかりだ。

カヤックや荷物を砂州に運び込んだ後、ルークは昼寝をし、僕は本を読んで時間をつぶした。数時間後、波はまだ大きいものの、海が穏やかになったように見えた。強い向かい風が吹いていたが、僕達は先へ進むことにした。初めに僕が出発し、ルークはそれをビデオにおさめた。海はそれ程ひどい状態ではなく、技術的に大変というよりむしろ、波のパワーが強すぎるのが問題だった。大きい波が次々と崩れ、爆発したような飛沫をあげた。いくつかの波を突っ切った後、もうどうにも出来なくなった。押し寄せる波の勢いに負け、必死にパドルしてもまったく前に進めない。全力で挑んだ数分後、僕は波にもまれ、半分沈みかけていた。へとへとに疲れ、出せる力なんてもうなかったが、波は容赦なく襲ってきた。波の勢いにはもう勝ち目がなく、「もうだめだ。」と本気で思った。数メートルもある波が壁のように立ちはだかり、僕を叩きのめしていく。ここで力尽きてビーチまでさえも、無事に戻れなくなるんじゃないかと不安になってきた。

しかし、ここであきらめるなんて絶対嫌だ。見れば、右側の波の崩れがそれ程ひどくないのに気がついた。なんとか超えられると思い、力を振り絞り方向を変えて波へ向かっていった。
やっと荒波を脱した時、自分でも信じられなかった。あきらめないと決めた後でも、パドルをする度に悲観的になっていたからだ。僕は嬉しさで思わず1人歓声を上げた後、サーフゾーンの外で休憩しながら、ビーチにいるルークを探し始めた。随分流されていて、ルークを確認するのに更にパドルしなければならない。波の大きなうねりに持ち上げられる時だけ、彼の姿を見ることが出来た。僕がここまで来るのに8分くらいかかっているから、ルークとすぐには会えないだろう。
しかしその後、彼が初めの波と闘っているのが見えたかと思うと、突然姿を消した。波に持ち上げられても何も見えず、ルークがまるでカヤックごと沈んだかのようだ。聞こえてくるのは波の音だけ。心配になるのとほぼ同時に、彼のカヤックが空のまま浮かんでいるのが目に入った。とっさに”転覆”の文字が頭を走り、彼の姿を数秒探したが無駄だった。ルークを助けにパドルし始めてすぐ、岸にカヤックを引き上げている彼を発見した。ほっと一安心、僕はサーフゾーンの外で待つことにした。一休みしたり、カヤックに入った水を抜いたりするのに数分はかかるはずだ。

10分程経ったろうか、ルークが元気そうなのは見てとれるのだが、何をしているのかがさっぱりわからない。カヤックをビーチに置き、あちらこちらを歩いている。何が起こったのか分からず、僕はイライラしてきた。時々、修理か出発の準備をするかのようにカヤックのそばにいたかと思えば、また歩きだす。僕に戻って来るよう合図も出さないから、海上で待つしかない。
30分経った頃にはイライラを通り越し、頭にきた。波のうねりにもまれながらも流されないようにパドルしているというのに、彼はまだビーチにいる。ここまで来るのに大変な目に遭っているから、呼ばれない限りビーチには戻りたくない。
「まさかこのままあきらめる訳じゃないだろうな。」「もしかして、何か壊れたのか。」「それじゃあ、何で俺に合図しないんだ!」「一体、何やってんだ!」と、僕は腹を立てていた。

ついにというか、やっと30分程経ってルークは再度出発を試みた。彼は波の崩れがひどくない一番良い場所を狙い、こちらへ向かってきた。時々波で隠れてしまう彼の姿と行き先を目で追いながら僕もパドルを続けた。
彼と会って、ようやく理由がわかった。まず彼は初めの出発を失敗し、その後たて続けに4回も再出発に失敗。だから、また再出発するのに時間がかかってしまったのだ。この4回の失敗が僕には見えず、カヤックの水抜きをする所だけが見えた。それにルークは近眼で、待っていた僕の姿は見えず、僕がどこにいるのかもさっぱりわからなかったらしい。だからサインも送れなかったし、僕がずっと見ていたなんて、思いもしなかったのだった。

僕達が再びパドルし始めた時には、すでに顔面直撃の強烈な風が吹いていた。風の他にうねりや潮の流れとも闘わなければならず、長く苦しいパドルとなった。遅々として進まぬ一時間半後、今度はルークが切れた。「何でこんなバカなことやってんだ、俺達は!全然進んでないじゃないか!!!」続いて僕まで腹が立ってきた。もう2人とも疲れきり、この数日間で神経も体力もすり減らし限界まできていたのだから仕方がない。

僕は、どうやって明日からのスケジュールを組もうか迷ってきた。波が高ければ、真夜中に出発するのは無理だ。判断するのも難しいし、波を見なければ出発のタイミングも分からない。かといって夜が明けた後に出発すれば強い潮の流れや強風にさらされて、短い距離をカバーするだけでへとへとに疲れるのがおちだろう。今も、2時間で7kmちょっとしか進んでない。穏やかな海なら、2時間で13kmくらいは無理なくいける。

長い一日が終わり、僕達はビーチにカヤックを引き上げた。一日中パドルしてたったの約16km。本当、気が滅入る。

英語版オリジナル:A Hell of a Day to Escape from Hell (4/11/2000)


2000年4月12日   パトゥカ、すごく親切で危険な?人々

「パトゥカは危険だぞ。」ブルスの人々から何度も聞かされた。パトゥカの住民全員が銃を持ち、海ではパワフルなモーターボートで通行人を待ち伏せして襲撃するという。奴らは殺人だっていとわない、とも言われた。早朝パトゥカに向け出発した僕達は、なんだか気が重い。パドルしていても、ブルスで聞いた話が頭から離れない。そんな中、モーターボートの近づいてくる音が聞こえた。見上げるとそのボートが僕達めがけて向かって来ていた。一瞬ぎよっとしたが、乗っていたキャプテンの笑顔を見て救われた思いがした。彼は乗客をブラスまで連れて行く途中で、後で戻ってくると言い去った。それから一時間後、僕達がパトゥカ到着間近に、モーターボートの彼はたしかに戻ってきた。
彼「どこに行くんだ?」
僕「プエルトレンピラだけど、まずはパトゥカで一休みするんだ。」
彼「パツカに行くんなら、送っていってやろうか?」
そこで僕は、パドルしたいんだと彼に説明した。僕達は絶対大丈夫だと思っているが、河口付近は波が荒くて、とてもじゃないが僕達には手におえないと彼は心配して言った。こんな小さなカヤックじゃ荒波なんか超えられるはずはないと、人々はいつも決め付ける。(無理もないが)
彼は少し考えてから、僕達が着く頃を見計らってサーフゾーンの外で待ってると言った。

1時間後、僕達はパトゥカのちょうど前あたりまで来た。ボートに乗った完全武装の泥棒達は見当たらず、彼が僕達の様子を見に来てくれていた。彼が来てくれていてホッとした。海と続いているはずの川の入り口が高波のおかげでどこにあるのか見えずに困っていたのだ。ボートで送ろうかという彼の申し出を再度丁寧に断り、僕達は彼の後に続いて波の中を川の入り口へとパドルした。僕達の新しいミスキト族の友達フェリシアンドは、兄家族と一緒に朝食を食べようと僕達を誘ってくれた。
ようやく町に到着すると、僕達は地元住民の注目の的となった。小さなボートでラセイバからパドルしてきた2人の変なガイジン男を見るために、まるで町中から人が集まって来たようだった。フェリシアンドの兄弟フェリモンは、僕達を温かく迎えてくれ、彼の奥さんは僕達に美味い食事も作ってくれた。親切な人達に囲まれて、僕達はこれから無理にパドルするよりも、彼の家の庭先にでも一晩キャンプさせてもらうことにしようと決めた。
主人のフェリモンは、かなり大きい漁船の船長で、ロブスター漁をしていた。訪問した当初、彼の奥さんが45口径の自動銃を隠したのを目撃してしまい、内心心配していた。が、すぐにフェリモンが本当にカスク遠征に興味を持ち、心から僕達を歓迎してくれていることが伝わってきた。

ここで僕達は、この1週間で2回目のイグアナ料理をごちそうになった。今回はイグアナ+イグアナの卵が出てきた。まずはルークが、イグアナの卵を口にほうばった。・・・2分後、卵は未だにルークの口の中。彼はガムみたいに卵を噛み続けていた。あきらめたルークは卵を口からつまみ出し、「こんなの、どうやって食えるんだ!?」と言った。続いて僕も卵を口に入れてみた。全くルークの言う通り、これはどう考えたって呑み込めない。ミスキトスの人々にとってはイグアナの卵はすごいごちそう、珍味の一つだから、まさか食べない訳にはいかない。しかし、ゴムの固まりみたいなこの卵を丸呑みするなんて、想像もしたくない。考えた挙げ句、僕は卵をなんとか噛み切ろうとした。と、中からとろーっと濃厚な黄身が出てきた。ここでやっと僕達は、この卵は外側をただ噛み切って、中の黄身を吸い出すんだと分かった。
たしかにイグアナの卵も美味かった。が、やっぱり僕は卵より肉の方がいい・・・。

英語テキスト;Patuca: The Most Hospitable Bandits (4/12/2000)


200055 ニカラグア沿岸のマゾヒスト

Masochism on the Nicaraguan Coast

自己虐待の心理なんて僕にはさっぱり理解できない。これと関係して、多重人格症をわずらうエド・ノートンが自分で自分の顔を殴りだすという映画”Fight Club を見てショックを受けた。この映画を見ながら、そんなことをする奴が本当にいるのかと思っていた。しかしホンジュラスからニカラグアへ向かうカリブ海沿岸、真夜中からぶっ通しの14時間 63kmに及ぶパドルを”自己虐待”と言わずして何になる。それに、自分の体中の筋肉に拷問を与えているだけではなく、眠気覚ましに僕は思いっきり自分を叩いたり噛んだりもした。怪我をせずに、どれだけ自分に刺激を与えられるかテストしているようなものだ。これを撮影すれば、あの映画とぴったりのシーンが間違いなく撮れる。

実際、僕達は昨日の夜10時からずっとパドルし続けている。連日の苦しく長いパドルの延長だ。それに僕は、星を見ながら位置の確認(スターナビゲーション)をするため神経を集中させっぱなしだ。しかし、目当てにしている星は雲の後ろに隠れるし、夜空を見上げた状態のままパドルするから、かなりきつい。じっと曇りがかった夜空を見つめ、隠れた星がどこにあるのか、また、どこから再び現れてくるのかも推測しなけらばならない。首は凝ってくるし体中の筋肉が痛むのに、睡魔は襲ってくる。眠気覚ましのために僕は速くパドルしたかったのだが、ルークの体調が悪くてそうもいかない。

午前3時。見え隠れする星を凝視するため空を見上げたままゆっくりとパドルを続けた5時間後、眠気で目さえも開けていられなくなった。5分くらい星が見えていたかと思うと雲の後ろに隠れたり、時には僕の瞼が閉じて星が見えなくなった。初めは、パドル1回分くらいの短い間隔で目が覚めたのに、2回3回分とだんだん間隔が長くなる。こんな状態が頻繁に起こり、目をつぶってパドルしている方が多くなった。気分は最悪、僕は眠気を覚ますため指(爪の付け根部分)をおもいっきり噛んでみた。初めの2,3回は効果があったけれど、その後は鈍い痛みにしかならない。今度は舌先や唇を噛んでみた。が、少しの間目が覚めるだけでたいした効果はない。

夜明け1時間半前くらいになっても、一休みできるようなビーチは見つからない。さっきは流木の大群に阻まれて、ビーチに行けるどころか立ち往生寸前であった。選択肢もなく、僕達はパドルをし続けるしかない。そうなると、僕はスターナビゲーションをし続けなければならない。普通なら、どんな天気だろうがナビゲーターの役目をきちんと果たす。が、半分眠ってパドルしている今の状態では、目を覚ましたらアフリカへ向けてパドルしていたなんてことになりそうだ。しょっちゅう頭に海水をかけるが、目が覚めるほど冷たくもないからすぐ眠くなる。最後の手段として、自分を叩くことにした。軽く叩く程度なら指を噛む方がはるかに効果があるから、思いっきり叩く。5分おきにパドルを置いては、自分の頬やおでこ、首を力いっぱい叩いた。実際これで数分は目が覚めた。
ルークが「何やってんだ?」と聞いてきた。彼は、僕が多重人格か又はとうとう気が狂ったかと不安になったのかもしれない。たしかに、頭がおかしくなっても不思議ではない。夜が明ける頃には、僕の顔はロブスターみたいに赤かったはずだ。

岸側に目をやると、後ろの木々が殆ど見えない程密集した森が広がっている。ここが、遠征開始から思い描いていたモスキートコーストだ。ビーチがなく、まるで津波や嵐がすべてを取り去り、マングローブとは違う海辺の木々の根元に腐った流木だけを残していったかのようだ。
やっと休めそうな小さいビーチを見つけた。55km以上も続く木々が密生する海岸で、唯一のビーチかもしれない。僕達はカヤックを引き上げ、倒れこんだ。1時間半程経って、ふらふらと動き始め、2時間後にまたパドルを開始した。睡眠不足で疲労がたまり、筋肉痛もする。数時間後、僕達は背中や足を伸ばして休めそうな場所をまた探し始めた。その時、僕は岸近くでパドルしていて全然波に注意を払っていなかった。突然の高い波に気づくのが遅れ、カヤックがひっくり返りそうになった。ここで次の波にあたれば、勢いでカヤックごと流木に直撃する恐れがある。ひっくり返る寸前で、僕はエスキモーロールをし始め転覆をのがれ、後はすぐにバックパドルで次の波をかわして事無きを得た。後から来たルークは僕の行動を不思議に思っていた。ここで休むのをあきらめ、僕達は更にパドルした。

しばらくして木々の間にある砂場を見つけた。2つのカヤックがやっと置ける広さくらいしかない場所で、丸太の上に腰掛けて少しの間休めただけだった。
パドルを再開した時、ここからサンディ・ベイの村まで2時間ぐらいだろうと思っていた。持っている大きい地図は、ホンジュラスからニカラグアをまたぐモスキートコースト全体をカバーしている。が、それ程詳細ではないらしく、村の位置がずれていた(それは後でわかった)。2時間以上パドルしているのに、ラグーンの入り口が見つからない。背中から腰の筋肉が張りつめてどうしようもなく痛む。ルークはやっと視界に入るくらい離れた所にいるが、もしルークを待っていたらきっとそのままあきらめて近くでキャンプすることになるのは予想がつく。出発してからすでに13時間以上も経つ。それでも目的地まであともう少し、ここでパドルを止めるわけにはいかない。
僕はようやくラグーンの入り口を見つけ、ルークを待った。村は全然見えず、通り過ぎるモーターボートの人々から道を尋ねながら迷路のような水路をパドルし始めた。

この遠征で最長の14時間に及ぶパドルの後、僕達はサンディ・ベイ・ノルチの村に到着した。先住民ミスキートの親切な男が家に招待してくれ、荷を運ぶのまで手伝ってくれた。村人の好奇な目にさらされながら、僕達は彼の家にカヤック等を運び入れた。そこで彼の妹に食事をご馳走になった後、ありがたい彼の申し出を受け、僕達2人は彼のキングサイズベットで気を失ったよう眠った。

英語テキスト5/05/2000 - "Masochism on the Nicaraguan Coast"


2000年5月7日    AK47銃と泥棒一味

午前1時、僕達が出発の準備を始めていると、先住民のミスキート一家の主人も起きてきて、カヤックを運ぶのを手伝ってくれたり、運河の出口を抜ける方向を教えてくれた。

出発後僕は、その運河の出口にたどり着くまで、スターナビゲーションで位置を確認しながらパドルをしていた。(近づく度に変化する陸の形から推測するよりは、良い手だと思う。)が運河に入ると、まるで迷路に迷い込んだように水路がいくつにも別れ、途方に暮れてしまった。この運河に到着した時は63kmもパドルした後でへとへとに疲れていたので、そんなことにはまったく気がつかなかった。迷路をパドルして1時間後、遠くから聞こえる鈍い波の音や、膨らんだ膀胱を刺激するように繰り返し打ち付ける波の振動がヒントとなって、海を隔てた砂州へ間違いなく進んでいるのがわかった。30分後、僕達は砂州に到着、ビーチで体を伸ばしていた。この先まだ37kmぐらいをパドルしなければならない。湾の横断もなく、海岸線もまっすぐでスターナビゲーションをする必要はなくなった。あとは岸から目を離さずに海岸に沿ってパドルすればいいだけだった。

その後夜が明けて間もなく、僕達が沿岸に沿ってパドルしていた時だ。突然、何か異様な音が聞こえた。「何だ!?」驚いた僕は振り返って言ったが、何の音かなんてもう分かりきっていた。遠くから発砲されたライフルの低くこもった銃声が、水面を伝って響いてきたのだ。昔、軍隊でうんざりする程聞いた音じゃないか。そしてすぐさま2回目の発砲が聞こえた。ビーチに目をやると、一人の男がこちらに手を振っているのが見えた。ライフルを撃った男は僕達に手を振り、ビーチに来るよう合図をしている。しかし男のいるビーチはかなり離れていて、僕がそれに気づいたとは多分彼自身には分からないはずだ。僕達はそのままパドルを続け、少し沖に出た。
一時間後、僕達は岬に近づき岸寄りにパドルしていると、2人の明るい漁師がカヌーに乗ってやってきた。彼らは僕達に、30人もの銃を持った盗賊が次の岬を隠れ家として、そこを通る遅い船を片っ端から襲っていると話し、絶対に岬を避けるべきだと言った。僕達がむざむざ殺されに行くのをだまって見過ごすことはできないと、親切な漁師達は必死になって話し続けた。彼らは僕達に、まずはビーチで一休みして、危険な岬を避けられるようプエルトカベッサスまで行く高速ボートタクシーを頼むよう勧めた。更に彼らは、その盗賊がゲリラだったことを付け加え、盗むためには殺人も厭わず、すでに多くの人々が殺されたと言った。
2人の漁師は、僕達を説得しようと懸命だ。僕はルークと相談し始めた。(漁師達の話は嘘なのかもしれないが、彼らは武器を持っていないし、危険そうには全然見えない。小さい子供を連れた他の2人の漁師達も漁の網を仕掛けているだけだ。もしこの話が本当なら、彼らのアドバイスに従ったほうがいいだろう・・・。)どっちにしろ休みたいと思っていたところだったし、僕達はビーチに行くことにした。ビーチに着くと漁師の1人が、もうすぐ村のガードマンが状況判断と護衛のためにここへ来ると言った。それとほぼ同時にAK47の銃を肩に下げた男が歩いてきた。見ると、今朝銃を発砲したあの男だった。男の話によると、今朝は僕達にこの先の危険を知らせるために空に向かって発砲したしたらしかった。

その農作業服のガードマンと説得に必死な漁師とが、状況を見るためだと言ってに岬の方へ歩き出した。僕達は初めから、うさん臭い話だと思っていたが、2人が全然岬にも行かず5分もしないうちに戻って来るのを見て、更に信用できなくなった。戻ってきた2人は、僕達が”通行権料”と呼ばれる何がしかの金を払えば、岬を無事に通ることが出来るんだと、まるで盗賊達と話してきたかように説明した。
僕が「何だ、その通行権料って?」と聞くと、彼らは「なあに、ほんのちょっとさ。たった100ドルだよ。」と答えた。僕達は彼らの答えを聞き、「旅行中、そんな大金を持ち歩いたことはない。」と笑いながら言い、更に先住民モスキートのリーダー Brooklyn Rivera Avelino Cox Molina が、今日プエルトカベッサズで僕達の到着を待っていて、もし僕達が昼になっても姿を現さない場合、彼らは警察と沿岸警備隊と共に僕達を探しに来るはずなんだと、話した。僕達は、ホンジュラスのミスキートのリーダー Jacinto Molina から、2人の名前を教えてもらっていた。この2人はニカラグアでかなりの有名人だ。周りにいた5人は、その名前を聞いて、かなり驚いたようだった。この後彼らはミスキート語で会話をしていたが、2人の名前を連呼しているのだけは分かった。

その後僕達と5人の男との押し問答が出口の見えないまま30分以上も続き、初めのうちは親切だった漁師達が、僕達に業を煮やし始めた。特に小柄だががっちりした体格の漁師は、大きいダイビングナイフの先を僕達のカヤックの方に向けてちらつかせ、「こんな布製カヤック、いとも簡単に切り裂かれるぞ」と言わんばかりだ。一方、銃を持っているガードマンは落ち着き払って、「それで、どうするんだ?俺達が奴等に金を持っていけば、おまえ等は無事に通ることが出来るんだし、銃を持っている俺がガードのすれば安心だろう?」と言ってきた。
しかし、突然モーターボートの音が聞こえてくると、男達は慌ててミスキート語で何やら早口に会話し始めた。僕達が聞いて分かるのは「ポリシア、ポリシア!(警察)」だけだったが、彼らが警察を恐れているのは明らかで、ガードマンは急いで銃を薮に隠した。そのモーターボートはサンディーベイ行の定期ボートで、警察ではなかった。これで、僕達はこの男達が単なる泥棒一味だと確信した。

相変わらず男達の脅しは間接的で、岬の盗賊を悪者に仕立て、僕達の安全のためだと言って、男達は僕達を無理矢理引き止めていた。おまけに「おまえ達の命を救わなければ、神がおれ達を許さないだろう」などと言い出す始末だ。
張り詰めた空気が流れる中、小柄の男とガードマンは更に僕達を急き立ててきた。僕もだんだんとイライラしはじめ、特殊部隊のトレーニングが一瞬頭をよぎった。(男の手からナイフを奪って、銃を持った奴の喉元に突き付けることぐらい何でもないことだ、時間だってかからない・・・。ちょっと待て!何、馬鹿なことを考えてるんだ。この男達はちょっとした金が欲しいだけじゃないか・・・。本当に危険な奴等だったら、こんなことじゃ済まないはずだろう?)
たった数秒だがこんなことが僕の頭を巡った後、ニカラグア通貨を持っているルークに、100コルドバス(US$8相当)を男達にやろうと言った。ルークは驚いた様子で「本気か?」と聞いてきたので、僕は「イエス。」と答えた。ミスキートのリーダーを知っている僕達を、まさか袋叩きにするとは思えないが、男達は銃を持っているし、1時間以上もイライラしながら金を脅し取ろうとしているのだ。とにかく、出来るだけ早くこの状況にけりを付けなければならないと思った。

ルークが100コルドバを取り出すと、僕は男達に「このお金で、僕達が安全に通れるように盗賊と話を付けてもらえると本当に助かるよ」と言った。彼等はこれに同意すると、僕達はまるで親友のように男達と握手を交わした。その後、彼等は僕達に神の恵みがあらんことを祈りながら、荷物満載のカヤックを海へ運ぶのを手伝ってくれた。最後まで嘘をつき続ける彼等は、岬から離れてパドルするように念を押し、僕達も彼等に礼を言いビーチを後にした。当然の事ながら、金を持っている彼等が岬の方に行く様子は全くなかった。僕達が彼等の本当の目的に気づいていたことを、彼等だってとっくに分かっていた。しかし、ほんの少しの金、というより寄付金のおかげで双方ともに、最悪の状況は回避されたのだ。

沿岸から離れると、僕達は笑い出した。まだあの時の緊張感が残っている気もするが、思い起こせばまるで笑い話のような結末だった。この遠征で武器を持った泥棒にやられたのも、実際にAK47を見たのも初めてだった。ほんの8ドルであそこから抜け出せたのは本当にラッキーだった。
僕はパドルを続けながらまたあの時の状況を思い起こし、ナタを持った男の1人が薬のせいでハイになっていたのを思い出した。たしかに、この国における命の価値の無さや薬物中毒者に関して、僕達は数え切れないくらい警告を受けてきた。今回、僕達は本当についていたのだ。多分あの男達は単に貧しくて、時々あんなことで金を稼ぐだけなのかもしれない。彼等がコカイン中毒か何かだったら、真っ先に僕達を殺しているはずだ。それに、セントラルアメリカで、命がどれほどの価値を持つだろうか。特にニカラグアはほんの10年前まで、なぜ内戦が起こっているのかもよく分からずに、国中で人々が殺し合っていた。

あの時は恐くも何ともなかったにもかかわらず、僕は時間の経過と共にだんだんと不安になってきた。夜のビーチでキャンプなんてまっぴらだ。僕はルークを待って、彼に「プエルトカベッサスまでずっとパドルした方がいいと思うんだ。」と伝えた。

プエルトカベッサスまでの約63kmをパドルし、僕達は到着後一軒のレストランの前にカヤックを引き上げた。へとへとに疲れながら、港のキャプテンやイミグレーションに赴き登録を済ませた。ホンジュラスからの紹介状のおかげですんなりとことが運び、これで僕達は正式にニカラグア入りを果たす事が出来た。そして、プエルトカッサスで数日休んだ後、僕達は再びパドルを開始した。

英語テキスト 5/07/2000 - AK 47 Sub-machinegun Armed Robbery

J-Philippe  ジョンフィリップ・スレプロフィール

更新日2000年9月 1日

ルーク日誌ベリーズ&グアテマラ編マヤの古代神都、ティカル特訓!丸太カヌー”ピパンテ”

ストーリーページメイン・最新情報ページ

カスク2000Englishページトラベルフォトギャラリー