CASKE2000

MEDICINE

メディシン

文:ジョンフィリップスレ1997


長老のsikeirei(メンタワイのシャーマン)はメンタワイの森にあるすべての植物を知っている。彼は毎日違う植物を混ぜ合わせ、悪いスピリットを追い払うための香水から、日常起こる様々な疾患の治療に使う薬までを作っている。メンタワイの人々と生活する中で、何度となく僕は彼らの伝統的なメディシンのお世話になった。そして、その効果と彼らの知識には驚かされっぱなしだった。
僕がためしたメディシンの中からいくつかを紹介しよう。

●Finger Cut

足にくっついていたヒルを取り払った後のことだ。流れる血に群がる虫をはらおうと、手を振り下ろした瞬間、友人のヘロニムスのナタにおもいっきり手がぶつかった。小指の付け根を切り、どっと血が流れ出てきた。ヘロニムスは素早くbulut sedet (メンタワイ語)ブルートセデット(leaves of SEDET)を摘み、ペースト状にするため葉を口に入れて噛み始めた。ざっくり切れた小指の傷を塞ぐためだ。彼はペースト状になったセデットを傷口につけた後、セデットの葉でつつみ、ラタンの細い紐を上から巻き付けた。
正直言って、傷がどうなるのか心配せずにはいられなかった。しかし、近代的な応急処置法がこの島にはまだ存在していないことが、変に僕を安心させた。信じきってはいないものの、メンタワイのナチュラルメディシンの効果にとても興味があった。

その夜、片手で体を洗った後、僕は包帯代わりの葉を取ってみた。葉っぱのペーストが傷口の消毒にどれだけ役立つものかと疑いながら、紐を解き始めた。汚くなって化膿した傷口と対面するのかと思うといい気持ちはしなかった。が、開けてみて驚いた。傷口はきれいそのもの、血も出てなければ化膿もしていない。傷の深さだけははっきり見え、骨の近くにまで達していた。
しかしその後がまずかった。西洋的というか現代的発想から逃れられない僕は、自分で手当てし始めた。アロエの液で傷口をきれいにし、町の人々が使うobat merah 魔法の赤い薬(日本でいう赤チンだろう)という消毒液をつけておいた。そして、傷口を乾かすためには何もまかないのが一番いいと考え、放っておいた。が、その数時間後、傷口は乾くどころかまた開いてしまい、黄色っぽい汁まで滲み出ていた。熱帯雨林でモンスーン(雨季)なると、傷口は更に治りにくくなる。僕はどうしたらいいか分からず、へロニムスに助けを求めた。
結局、僕の現代的発想の手当てはあえなく失敗に終わった。ヘロニムスはこの時、サツマイモの親戚のような植物、”daun ubi”の葉をペースト状にして傷の手当てに使った。そして数日後、傷は化膿することなく完治した。

●Hand Cut

数週間ほど熱帯林で生活しても、僕のジャングルスキルは7歳の子供にも及ばない。ある日、高床式の家に戻るため濡れた丸太をのぼっている最中、僕はすべって落ちてしまった。落ちただけなら良かったが、自分の持っていたナタの刃に手をつき、ざっくり切ってしまった。どう見ても十数針は縫わなければならないような傷だ。このジャングルの中から、近くの医療機関へ行くのには数日かかる。そんなことを考えている間にも血が止まることなく木の床に滴り落ちる。友達のsikeirei(メンタワイのシャーマン)、マチヌスが急いで外に走り出た。それから1分程経って、マチヌスは何かの葉っぱを手にして戻ってきた。彼は葉の茎を折ると、出てきた葉の液を直接傷口につけた。燃えるような痛みの後、信じられないことに傷口がのりをつけたようにぴたっとふさがった。燃えるような感覚も消え、手を動かしても何の痛みもない。
それから10分くらい経って、僕はこのナチュラル接着剤の威力を確かめるべく、くっついた傷口を開こうとした。が、無理だった。僕はマチウスに、この植物がどのくらいの応用範囲を持つのかを聞いてみた。彼が言うには、大小全ての切り傷の手当てに用いられるという。この植物はメンタワイ語でdaun parencisといい、ubi jalar parencis の仲間だ。
ジャングルに散在しているため、メンタワイ族は家の周りで他の植物と同様に、
daun parencis も植えている。そしてこれは僕が見たり、実際試したもの中で一番シンプルで、最高に効果のあったメディシンの一つだといえる。
もし今度切り傷を負ってしまったら、自然のパワーに頼るか、縫って一生残る傷を残すか、どちらを選ぶ?僕の手の傷はこの
2週間後、傷痕さえも見えなくなって完治した。

残念ながらインドネシア語−メンタワイ語の辞書はない。これがあればどんなに役立っていたことかと、いつも思っていた。先住民の持つ知恵と秘密を僕達の生活の中でいかせるのにと。

ジョンフィリップ・スレ

訳:西山 晴美     更新日 : 2000年 2月 27日

フォトギャラリーメイン・最新情報ページメンタワイのページ

カスク2000Englishページトラベルフォトギャラリー