トラベルフォトギャラリーメイン・最新情報

Outfitting your Camp Kitchen:

アウトドアクッキングの用具

cinnamon buns


キャンプストーブ; 重要なアイテム #1

弱火でグツグツ煮ることもできるコントロール付のキャンプストーブは必需品。

・超軽量マウンテンストーブは、弱火から強火までがコントロールできる。このストーブは3分以内にお湯がぐらぐらに煮立つ。でも、これはパウダー状の飲み物のときやパスタぐらいにしか適さない。

・MSRには弱火の機能のついた、いくつかのモデルがある。これは強火も最高で、炒め物にも弱火でグツグツ煮るソースにも適している。

キャンプストーブをオーブンに変えるには;
ストーブを買うときに曲げやすいアルミホイルのほや(覆い)も一緒に買うといいだろう。ストーブの周囲に合い、そしてなべの上まできちんとかぶされば熱を維持できるし燃料の節約にもなる。僕はストーブを一番弱い火にセットして、お菓子焼くことに成功した。なべにふたをし、出来る限りぴったりとなべの周りをホイルで巻く。そうして、座ってブラウニーやコーンブレッドの焼ける匂いを楽しむ。

用具一式 ; おすすめはこれ!

・REIの Camp Kitchen は大勢のグループに、 Kitchen Lite は2、3人のグループにいい。

・REIの Camp Kitchen Lite は必要な物が全て揃っている。そして、しまいやすくて軽い。食器・フライ返し・泡立て器・オイル用のボトル・調味料用のガラスビン・スポンジetc、がセットされている。

スパイスキット

全ての調味料がキャンプ道具のバックに入るわけではないので、残りはフィルムケースや小さなビニール袋に中身がわかるように入れて、大きなジップ付きの袋に入れるとよい。

・必需品 ; オリーブオイル・塩・コショウ・バジル・オレガノ・セージ・ローズマリー・ ガーリックパウダー

・アジア風の仕上げにはカレーパウダー・ガラムマサラ・生姜・醤油・シナモン

・その他;ニンニク・生姜・ライム・固形チキンスープの素・チリペースト・ミルクパウダー・少量のウィスキー、ウォッカ、ラム(薬にもなり、ソースをおいしく仕上げる)。
chipotle adobado (メキシコ)やトウバンジャン(アジア)は、ぴりっとした辛さを加える時やソースに何かちょっと欲しい時にいい。

アウトドアクッキングを快適にするその他の用具

・キッチンナイフ
15〜20cmで、太い刃の物なら細かく刻んだり、細切れや切り身なども簡単にできる。ジャックナイフで数週間苦闘すると、僕の言う意味がわかるだろう。
(ナイフの鞘は、厚紙やボール紙とガムテープなどで作れる。)

・まな板
20cmくらいのプラスチックのまな板がいい。どこのスーパーマーケットでも売っているし、そんなに荷物にもならない。お皿やなべのふたを使うよりもずっといい。僕はその難しさが身にしみたから。


訳 : 白波瀬 希美子
英語オリジナルテキスト: Cuisine & Outfitting your Camp Kitchen 

更新日:1999年7月4日

アウトドアクッキングへメイン・最新情報ぺージへトラベルインフォメーション

カスク2000Englishページトラベルフォトギャラリー