トラベルインフォメーション|メインページ

Plan Your Own Adventure

自分の旅を企画してみよう、メンバーお勧めの場所・ツアーガイド情報

JP spearfishing

Belize TRAVEL INFORMATION
カスク2000 ベリーズ編

iguana


ユカタン半島のすぐ下、カリブ海に面した小国のベリーズ。美しいサンゴ礁やカリブ海に浮かぶ無数の小島、熱帯雨林にマヤの遺跡等、魅力ある場所が散らばる。公用語が英語(かなりクセがある?!)という旧英領の地に残るマヤやブラックカリブ等、多様な文化を体験するのも悪くない。ここでは知的好奇心と冒険心を満たすベリーズの旅情報を紹介しよう。

ベリーズでの3ヶ月の滞在で、お薦め情報のリストを作成した。 僕達はサンゴ礁と南海岸沿いに島々を転々としてきた。 内陸地方をはじめ、北から南、西サン・イグナシオ地方、南プンタ・ゴルダ地方を探索した。あまり知られていない熱帯雨林や洞窟、その他の美しい場所がベリーズの内陸に点在しているのだ。 ベリーズ旅行者のあなたが、ツアー会社の薦める定番Ambergrisに行くパッケージツアー以外にも何かを発見したいのなら、この先紹介する情報は一味違ったベリーズの旅にしてくれるだろう。あとの旅計画は、自分で決めよう!

パドラー、島巡りをしたい人

JP&Luke

僕等はベリーズ市の港を出発し、サンゴ礁にむかってパドルし始めた。長い道のりだが、やるだけの価値はある。 僕等は2週間以上も島を転々としたり、キャンプをしたりした。最も気に入ったコースは、人里離れたSpanish CayeとRendez―Vous Cayeとの間だった。この場所はリゾート化されているAmbergrisやCaulkerと離れており、人の手が加えられていない場所だ。潜っても美しく、巻貝やココナッツは豊富で、人間は少なく…、完璧だ!

*南ベリーズ(Sapodilla Caye周辺)も素晴らしいとのこと。

トップへ↑

The Cayes (Islands)

サンゴ礁の島々

ベリーズのサンゴ礁は、オーストラリアのグレートバリアーリーフに続く、世界で2番目の規模を誇り、多数の島から構成されている。 ベリーズはカリブ内にある4つの環礁のうち、3つを保持している。僕達が見る事の出来たのは、ほんの一部だったが、それでも美しい風景を見る事が出来た。
Rendez-Vous Cay

ボートをチャーターするか、自分でパドルして行くかしか道はない。宿はない!

Goff Cay ボートをチャーターするか、自分でパドルして行くかしか道はない。宿はない!
South Water Cay

詳しくは IZE, International Zoological Expeditions にコンタクトすべき。グループ用のバンガローや2段ベッドの対応もあり。

International Zoological Expeditions (IZE)
210 Washington St.
Sherborn, MA 01770
Belize
Tel 508-655-4445
E-mail: ize2belize@aol.com

Long Island, Glovers Atoll 宿に関する詳しい問い合わせは、以下に掲載したSlickrock Adventures を参照。
島巡り

数日にわたる島巡りを楽しむには、Under the Sun社のホプキンズ村からのHobie Catツアーがいい。

Under the Sun
Riley and Dorothy Dunn
Tel: 1-800-285-6967
www.coloradopros.com/underthesun
E-mail: sail@underthesunbelize.com

トップへ↑

The Coastal Towns

寄るならこの町

ベリーズ市を北に行くと、風景や文化を楽しむ場所はあまりない。ベリーズ市の南の舗装されていない道を辿っていくと、ガリフナ、マヤ族の村や熱帯雨林を発見することが出来る。

Hopkins Village
サリタのパン

ベリーズ南部Dangrigaのすぐ南にある小さな漁村(Dangrigaからバスの便有 )
本来、ガリフナ族は非常に孤立主義である為、ホプキンズでの暮らしは、ほとんどが昔と変わっていない。しかしながら宗教や音楽、習慣等魅力的なアフロカリビアン文化が残る一方、近代化の波がここにも押し寄せている。漁業、農業とほんの少しの観光業が村人の生活を支えている。質素な民家に泊まるしかないが、食事に関しては、行って食べる価値のあるものばかりだ。たとえばサリタのパン。甘い菓子パンを作るSaritaという女性は、家族をこのパン作りで支えている。レストランでは、巻貝、魚やジャングルの動物などの料理が素晴らしい。

料理:ベリーズからのレシピガリフナ族の歴史

Placencia
jaguar preserve

Dangrigaの南、プラセンシアはラグーンを囲む半島にあるクレオールの村である。ロケーションといい、空気といい、うっとりするほど美しい。奇麗な海岸、あらゆる予算に対応する宿、周辺の島やガリフナの村までの交通手段もある。モンキーリバー、ブルークリーク、ジャガー保護区など、南ベリーズを散策するその他のツアーに参加するには、この地を拠点に動くのがいいだろう。

ツアーとカヤックの貸出し:Placenciaからは、多くの島へ行くことが出来る。Laughing Bird と Silk Cayeやお薦めどころだ。Deb and Dave's Toadal Adventuresでは、カヤックやマウンテンバイクを借りることが出来る。もしもあなたが、ラグーンの反対側に位置するマングローブについて興味を抱いていたり、ベリーズの隠された自然や文化に関心があれば、David Vernon氏を頼るのがいいだろう。彼は知識豊富なプロのガイドである。

プラセンシアのオススメ宿泊先リスト

 
Deb and Dave's Last Resort
Point Placencia, Belize
Central America
Tel: (501) 6-23207
Fax: (501) 6-23334
Email: debanddave@btl.net

納得のいく値段で、質のいい宿は Deb and Dave's Last Resortだ。明るく、清潔感のある部屋に加え、オーナーのDaveはベリーズ最高のガイド/ナテュラリストだ。ツアーも担当していて、マナティーを探すツアーなんかもあって、びっくりする。

Kitty's Place
Placencia Point, Belize
Tel: (501) 62-3227
Email: kittys@btl.net

ハンモックやベランダのついたプライベートバンガローや、家族滞在用に設備ばっちりのキッチン付きを希望の旅行者には、Kitty゜s Place を推薦する。食事や海岸の前のロケーションは素晴らしく、度々行われるガリフナの太鼓パフォーマンスも楽しめる。Placenciaでの高級嗜好を味わえる。

トップへ↑

ジャングルロッジとツアー会社情報

The Jungle Lodges:ベリーズの熱帯雨林が息を吹き返すのを感じたいならジャングルロッジだ。Ian Anderson's Caves Branch Adventure Co. & Jungle Lodge  Blue Creek Rainforest Lodge を紹介する。その他、エコツアー等を行うツアー会社も紹介。

ツアー会社/ジャングルロッジ名と住所、URL
内容/コメント

ジャングルロッジ
Ian Anderson's Caves Branch Adventure Co. & Jungle Lodge
Mile 41 1/2 Hummingbird Hwy,
P.O. Box 356, Belmopan, Belize
Tel/Fax: (501) 8-22800
E-Mail: caves@pobox.com

原始の森に覆われたこのロッジは、まるで秘密の隠れ家。環境とうまく溶け込み調和されたデザインは本当に美しく、ベスト・ロッジの一つと言える。外観が、見事にジャングルの風景に溶け込んでいるのだ。寝ているベッドからは、270度のジャングル景色を楽しめ、トロピカルな鳥が毎朝起こしてくれる。宿から、レベルに応じて日帰り〜7日間の洞窟探検やジャングル・サバイバルツアーをIanと共に体験できる。もしくは、Slickrock Adventures, Incで、洞窟内のCave's Branch Riverをパドルすることも可能だ。
ツアー会社
Slickrock Adventures, Inc.
P.O. Box 1400, Moab, UT 84532, USA
Fax: (435) 259-6996
E-Mail: slickrock@slickrock.com
Website: www.slickrock.com

(Cave's Branch River and Long Island Kayak/Dive)

上記のイアンのロッジからSlickrock Adventures, Inc.が行う洞窟内のパドリングツアーが手配できる。この地区は中米最大の洞窟網の発生地といわれ、来世に関わるマヤ族の民間伝承にも登場している。いくつかの洞窟には彫刻や像、生贄だったと見られる人骨が今も残っている。

ジャングルロッジ
Blue Creek Rainforest Lodge
Mr.Ignacio Coc
P.O. Box 133
Punta Gorda
Belize
Fax (501) 7-22199

あまりにもブルークリークの村を気に入ってしまい、2度も訪れた。僕達の2度目の訪問は、1週間ほどだったがその間に宿の支配人と掛け合い、原住民のケッチやモパンマヤのコミュニティーで、数日間滞在できるよう手配してもらった。 そこでは、彼らの文化、生活や環境を調査させてもらった。ここのメインアトラクションは、洞窟内を流れる川を歩く探検ツアー。その他イグアナ・トラッキング、サバイバルスキルツアー、伝統料理や織物教室もケッチやモパンマヤ族の村人を通して手配できる。

ケッチインディアンとモパマヤの人々、ブルークリークブルークリークからのレシピ

ツアー会社
International Zoological Expeditions (IZE)
210 Washington St.
Sherborn, MA 01770
Belize
Tel 508-655-4445
E-mail: ize2belize@aol.com

Natural History/Tropical Biology Tours and Lodges

(Blue Creek and South Water Caye)

ツアー会社
Under the Sun
Riley and Dorothy Dunn
Tel: 1-800-285-6967
www.coloradopros.com/underthesun
E-mail: sail@underthesunbelize.com

Hobie Cat Island-Hopping Tours

トップへ↑

更新日2001年5月1日/ 日本語訳 :長谷川 詠子    カスク2000Englishページトラベルフォトギャラリー

ケッチとモパンマヤ族の人々と生活 ガリフナ族の人々
ジョンフィリップ遠征日誌
ブルークリークフォトギャラリー
マヤのとっておきレシピ ベリーズからのレシピ
トラベルインフォメーション

メイン/最新情報ページ